ここから本文です

東京五輪の日程が2021年7月23日開幕で合意…ほぼ丸1年の延期に

3/30(月) 22:38配信

ベースボールキング

◆ 小池都知事が発表

 東京都の小池百合子都知事は30日、記者会見で開催が延期となった東京オリンピックが2021年7月23日開幕、パラリンピックが8月24日開幕することで、IOC(国際オリンピック委員会)と合意したと発表した。

 東京五輪は当初、2020年7月24日の開幕だったが、全世界的な新型コロナウイルスの拡大にともない、2021年夏までの期限で1年程度延期することが発表されていた。

 今回は小池都知事、森喜朗大会組織委員会会長、橋本聖子五輪担当大臣とトーマス・バッハIOC会長が電話で会談。IOC内での調整含め、日程で合意に至った。東京五輪は7月23日開幕、8月8日閉幕。パラリンピックは8月24日開幕、9月5日閉幕となる。

 小池都知事は会見で当初の日程から、ほぼ丸1年後の開催となることで調整がスムーズに進められることを利点として挙げ、「夏の暑さや台風の心配もあるが、これまでの知見を生かす」と話した。またバッハ会長との会談で、代替日程は決まったが、まずはコロナウイルスとの戦いに打ち克つ必要があることを確認したともコメントしている。

 金メダルを目指す侍ジャパンにとっては、来春3月にWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が予定されているだけに、こちらの日程も気になるところだ。仮に同一年に両大会を開催となれば、代表選手はハードな日程を強いられることになる。

BASEBALL KING

最終更新:3/30(月) 22:49
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事