ここから本文です

若者に人気だったのも昔… なぜホンダ「アコード」は路線変更? 中年向けになった訳

3/30(月) 10:10配信

くるまのニュース

44年にもおよぶ、ホンダの初期から続く古株「アコード」

 2020年2月21日、フルモデルチェンジした新型「アコード」が、ホンダから発売開始されました。コロナ騒動のまっただ中ということもあり、その登場は、どこか“ひっそり”とした感さえあります。

【画像】ホンダの古株「アコード」の歴代モデルをチェック(38枚)

 しかしアコードといえば、現在、販売されているホンダ車のなかでシビックにつぐ古株。ホンダにとっては非常に重要なクルマです。アコードとは、どのようなクルマなのでしょうか。

 アコードの初代モデルが誕生したのは1976年のこと。現存するホンダ車のラインナップで、アコードよりも古いクルマは1972年誕生の「シビック」だけですから、アコードは文句なしでホンダのなかでは古株です。

 最初のアコードはハッチバック車で、まさしくシビックの兄貴分という雰囲気でした。すぐにセダンを追加しますが、基本的な立ち位置はシビックの兄貴です。

 そして、シビックと同じように、アコードはすぐに世界に向けて販売されます。1982年からはアメリカでアコードの生産を開始。当時からホンダは「売れるところでクルマを生産する」という方針でした。

 ちょうど、オイルショック後のアメリカでは、燃費の良い小型車が求められていたこともあり、アコードなどの日本車は非常に高い人気を集めます。あまりに人気が高すぎて、日米貿易摩擦を引き起こすほどでした。

 そんななかでも、現地生産であるアコードは人気を維持し、1986年にカナダでも生産を開始するようになります。

 そして、1988年の「アコードクーペ」から、北米で生産された車両が日本に逆輸入されて販売されることになります。

 最初はクーペだけでしたが、すぐにステーションワゴン版の「アコードワゴン」も北米モデルが輸入・販売されるようになりました。

 アメリカで人気のモデルがそのまま日本でも売られているということで、1990年代のアコードの逆輸入モデルは、若い人を中心に人気を集めます。とくにステーションワゴンは、「アコードUSワゴン」の通称名で、おしゃれなクルマと認識されていました。

1/2ページ

最終更新:4/1(水) 15:53
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事