ここから本文です

これがアップルのAR/VRヘッドセット用コントローラー?

3/31(火) 11:30配信

ギズモード・ジャパン

実にシンプル

AR(拡張現実)分野にお熱なApple(アップル)ですが、そのVR/ARヘッドセットで利用されるかもしれないコントローラーらしき画像が、海外にて発掘されました。

【全画像をみる】これがアップルのAR/VRヘッドセット用コントローラー?

MacRumorsがiOS 14から見つけた、今回の画像。その姿、HTCが2018年に発売したVRヘッドセットヘッドセット「Vive Focus」のコントローラーにそっくりなんです。もちろん、これはただのテスト用のデバイスで、製品版のデザインは異なる可能性があります。

その他にもMacRurmosは、「横断歩道ボーリング」とでも呼べそうな奇妙なゲームを発見しています。これは、横断歩道の信号が赤の間に、ボールを投げてピンを倒すというもの。実はこのゲーム、アップル本社近くにある「Mathilda 3」と呼ばれる横断歩道でのみ動作するそうで、そのことからもアップルによるVR/ARヘッドセットの開発が進んでいることがうかがえます。

アップルのVR/ARヘッドセットについては、Bloomberg(ブルームバーグ)が「2022年に登場する」と報じたことがあります。一方で著名アナリストのミンチー・クオ氏は2020年の発売を報告しており、現時点では正確なタイムフレームを知るのは難しいのが実情です。

一方、iOS 14では「コードネーム:Gobi」として、QRコードやiBeacon、AirTagを組み合わせたAR体験が拡張される、との報告もあります。毎度のことながらアップルの新製品の登場時期を予測するのは難しいのですが、着実にその下地は積み上げられているようです。

Source: MacRumors

塚本直樹

最終更新:3/31(火) 11:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事