ここから本文です

米、首都圏も外出禁止令 サンフランシスコは延長

3/31(火) 7:18配信

共同通信

 【ワシントン、ロサンゼルス共同】米首都ワシントン(コロンビア特別区)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、住民に対し不要不急の外出を禁じる命令を出した。隣接する東部メリーランドと南部バージニアの両州も同日、外出禁止令を出し、首都圏一帯が原則的に外出禁止となった。

 首都圏ではこれまで外出の自粛を求める措置が講じられてきたが、新型コロナ感染が急速に広がっていることから外出禁止令に踏み切った。

 また、西部カリフォルニア州サンフランシスコ市のブリード市長は30日、外出禁止措置について5月1日まで延長する意向を表明した。当初は4月7日までの予定だった。

最終更新:3/31(火) 8:23
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事