ここから本文です

Facebook、コンシューマー向けARメガネ開発でAppleも狙っていたPlesseyと提携

3/31(火) 17:49配信

ITmedia NEWS

 マイクロLEDディスプレイを手掛ける英Plesseyは3月30日(現地時間)、米Facebookとコンシューマー向けARメガネ開発で提携したと発表した。新たな契約の下、「当社のLED製造部門がFacebookのAR/VR事業のための新技術開発に専念する」としている。独占契約とみられる。

2016年のF8でARメガネ構想を語るマーク・ザッカーバーグCEO

 Plesseyは2010年創業のデヴォン州プリマスに拠点を置く非公開企業。フルフィールドエミッション型マイクロLEDディスプレイなどを手掛ける。

 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは2016年のF8で既にARメガネ構想を語っており、昨年にはARメガネ向けOSを開発中と報道された。ARメガネ構想「Orion」のメガネは、Facebook傘下のOculus VRが手掛けるVRヘッドセットのような大がかりなものではなく、一般的なメガネに近いデザインになる見込みだ。

 Plesseyに関しては、2023年にARメガネをリリースするとうわさされている米Appleが買収を検討していたと米The Informationが報じた。

ITmedia NEWS

最終更新:3/31(火) 17:49
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事