ここから本文です

《前編》日本一のメニュー数を誇る「餃子の王将」に行ってきた【餃子バリエがハンパない】

3/31(火) 15:54配信

メシ通

「メニュー数日本一」を自ら高らかに宣言

全国に展開する中華チェーン店「餃子の王将」。その繁盛ぶりの秘密は、店舗ごとに様々な個性があることです。餃子の王将は店長の裁量が大きく、味の基礎的な部分さえ押さえていれば、その上で独自の展開ができるというのが最大の特徴なのです。
今日はそんな餃子の王将の中でも「最もメニュー数が多い」という特徴を持つお店が京都にあるということで、行ってきました!

訪れたのは、地下鉄烏丸線・国際会館駅から徒歩3分にある、「餃子の王将 宝ヶ池店」。

地図はこちら。

何も特別な雰囲気を漂わせていません。

でも、入ってみると……

これは??
当店が王将でメニューが1番多いお店です!(ドヤァ!)
他の餃子の王将では見たことのない看板が掲げられています。
平均的な餃子の王将のメニュー数が50程度なのに対し、宝ヶ池店は80以上あるのだとか!?
餃子の王将ことキング・オブ・餃子の中でも、宝ヶ池店はキング・オブ・メニュー数なんです。

圧巻のメニュー数と構成がすでに王者の風格

まず驚かされたのは、2冊もあるメニュー表!

そんな餃子の王将は間違いなくここだけかもしれません。

1冊目を開くと、餃子の王将レギュラーメニューがずらり。

ふむふむ、餃子の王将だよね、とページをめくっていくと……

おお~! 
王者の風格にふさわしいメニューのオンパレード。
まず蒸籠メニューが大充実。肉饅、桃饅、小籠包。

2冊目を開くと、こちらはお酒のアテになる一品もの。
これだけ揃っていれば、完全に居酒屋店レベルのラインナップです。

「すぐ食べたい、早よ欲しい、とにかく前菜に
宝のたぶんスピードメニューのはず」
独特の言語感覚で書かれた説明文も宝ヶ池店の特徴!?

さらにめくると、餃子のバリエーションだけでこれだけのラインナップが。
茹で餃子、鉄板でスタミナ味噌餃子、炙りチーズ餃子……。見たことがない創作餃子のオンパレード。
ではさっそく餃子を全種類注文してみましょう!

餃子だけの満漢全席! メニュー数最多の王将はひと味違う

次々と運ばれてきた餃子の数々。(今回は「にんにくゼロ焼き餃子」以外をオーダー)
餃子だけでこれほどのバリエーションがあるのは、メニュー数日本一の宝ヶ池店ならではでしょう。

1/2ページ

最終更新:3/31(火) 16:24
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事