ここから本文です

【満蒙開拓の記憶】「幼い子どもの首を絞める手伝いをしたんだ」75年前の集団自決 たったひとり生き延びたのは15歳の少年だった

3/31(火) 15:48配信

SBC信越放送

戦後75年、戦争体験者が減っていくなか、ひとりひとりの心の奥底に刻まれた不都合な記憶を見つめ、平和の尊さを語り継ぐ。
長野県の豊丘村に住む久保田諫さんは、戦争中、満州(現:中国東北部)をめざして海を渡った。全国でおよそ27万人。長野県からは最も多い3万人余りで、2位の山形県の2倍以上と突出している。満蒙開拓団と呼ばれたが、その実態は、中国の植民地支配とソ連国境の防衛を目的に入植を進める国策で、敗戦後の逃避行や収容所では8万人余りが命を落とした。久保田さんがいた開拓団は集団自決の道を辿る。

残された母親と子どもたち

2008年と2013年に取材した、長野県豊丘村に住む久保田諫さん。14歳のとき、家族と離れ単身で満州に渡った。帰国したのは敗戦から3年後の1948年。テレビカメラの前で集団自決の全貌を語るのは初めてだった。
満州国は1932年にできた日本の傀儡国家で、開拓団の送出は国策として進められていた。久保田さんがいた河野村も、国の政策に従って村人を送り出す。「お国のため」であり、村の財政改善にも結びついていた。しかし、送出を決定した1943年には、戦争の激化で若者は招集され、働き手は軍需工場へ。募集は思うようにいかなかった。開拓団は家族単位が基本だったが、人数を確保したい村は、久保田さんの父親を説得し、14歳の少年を単身で参加させることにした。河野村開拓団は総勢95人。1944年8月、吉林省の長春の郊外で入植式を行った。
インタビューの空気が一変したのは集団自決に話が及んだ時だった。息遣いとカメラの機械音が沈黙の重苦しさを際立たせる。
「開拓団へ来れば召集令状は来ないというわけだったけど、正真正銘の召集令状が来て段々入隊して行った」
戦況の悪化とともに開拓団の成人男子は召集され、1945年8月15日、残っていた男性は4人。あとは団員の妻と子どもたちだった。日本敗戦のニュースが届くと事態は緊迫していく。
「どこからともなく何百人という人が集まってきて、一人の兵士が馬に乗って走ってくると空へ向けて拳銃をぶっぱなして、ときの声が上がって暴動が起きたんだ」
開拓団に残された76人は、中国人に囲まれていた。

1/3ページ

最終更新:3/31(火) 16:22
SBC信越放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事