ここから本文です

新型コロナ感染、東海3県で新たに7人 経路不明の夫婦も

3/31(火) 12:05配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 新型コロナウイルスの感染者が30日、愛知・岐阜・三重の東海3県で新たに計7人確認されました。

 岐阜県の感染者は可児市に住む60歳代の夫婦で、同じスポーツジムの利用者でした。可児市では2つの合唱団とスポーツジムで感染が広がり、クラスター(小さな感染集団)と認定されています。夫は30日朝から軽いせきの症状がみられますが、妻に症状はないということです。

 三重県では鈴鹿市と津市で宿泊した2人の感染が確認されました。いずれも30歳代の男性で、埼玉県と東京都から仕事のため車で来ていたということです。

 愛知県内でも50歳代から70歳代の男女3人の感染が確認されました。このうち北名古屋市で感染した夫婦2人の感染経路はわかっていません。

 感染者は愛知170人、三重11人、岐阜22人となりました。

中京テレビNEWS

最終更新:3/31(火) 12:05
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事