ここから本文です

田代まさし、師匠・志村けんさんの訃報を受け「僕が逝くべきだった」

3/31(火) 8:58配信

ENCOUNT

志村けんさんに土下座して謝ったが…

 お笑いタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナウイルス感染症による肺炎で29日に急逝したことを受け、志村さんの生前に「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ)などのバラエティー番組で共演した田代まさし被告(63)が30日深夜コメントを発表した。

【実際の画像】田代まさし被告が恩人で師匠の志村けんさんへおくった言葉

 田代被告は1980~1990年代、「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ)などの人気バラエティー番組で志村さんと共演。バカ殿と側用人などの名コンビで多くの笑いを生み出した。

 田代被告は30日、自身のYouTubeチャンネル「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」で「志村けんさんへ」と題して「僕は志村さんの急逝のニュースを見て志村さんより僕が逝くべきだったと思いました。志村さんは今のこの世の中に笑いを届けるために必要な人でした。悲しくて心の整理がつきません」などと記したコメントを発表した。

 志村さんと田代被告のコンビのファンたちは「志村さんのこと想うなら、薬もうあかん! それが一番の志村さんの供養」「田代さんと志村さんコンビのコント、もう一度でいいから見てみたかった」などのコメントを寄せ、2人のコンビが二度と復活しなくなったことを惜しんだ。田代被告は2019年11月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、一審で懲役2年6月、うち懲役6月を保護観察付き執行猶予2年を言い渡されたが、それを不服として現在、上訴中だ。

 志村さんは田代被告とコンビを組んでいた頃は、飲みに連れ歩くなどよく田代被告の面倒をみていた。しかし、田代被告が覚せい剤取締法違反などで何度も逮捕されるようになると「芸能界から消えてもらいたい」と突き放したこともあった。その後、実刑判決を受け出所した田代被告に土下座されると、志村さんは復帰の手を差し伸べ支えたが、2019年11月に田代被告が覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕となってからはノーコメントを貫いていた。

ENCOUNT編集部

最終更新:3/31(火) 23:03
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事