ここから本文です

スマホ決済の支払方法をおさらい! メリット・デメリットは?

3/31(火) 20:02配信

ファイナンシャルフィールド

スマートフォンは近年著しく普及し、生活する上で欠かすことができないツールとなってきています。最近では、電子マネーのアプリを利用することでスマートフォンに決済機能を持たせて財布代わりに使用することもできます。

スマホ決済には多くのサービス事業者や使用方法があるため、利用をためらってしまうかもしれません。

しかし、スマホ決済にはポイント還元が受けられる場合が多く、現金で支払うよりもお得になるケースがあります。そこで、今回は注目を集めているスマホ決済について解説していきます。

どんなサービスがある?

スマホ決済には現在多くの事業者が参入しており、「〇〇ペイ」などのさまざまなサービスが氾濫している状況を見るとどれを利用すればいいのか判断に迷ってしまいます。

スマホ決済は基本的に4つの利用方法に大別することができます。まず支払いにはQRコードを利用するQRコード決済とスマートフォンを利用したタッチ決済の2つの支払方法があります。

そして利用料金の精算方法は事前に決済アプリなどに資金をチャージしておくプリペイド方式と、後日ひもづけしておいたクレジットカードや銀行口座などから利用料金が引き落とされる後払い方式の2つです。

【代表的なキャッシュレス業者の決済・支払方式・特徴について】
・ タッチ決済+プリペイド方式(楽天Edyなど)
スマホ決済を選ぶ際のポイントとして、ポイント還元によるディスカウント率に目が行きがちですが、そもそもよく行く店舗がその決済サービスに対応していなければ意味がありません。楽天Edyの最大の特徴は利用可能店舗の多さにあります。

・QRコード決済+後払い方式(楽天Pay、PayPayなど)
楽天Payの最大の特徴は、利用可能店舗の多さと、利用範囲の広い楽天ポイントの存在にあります。利用できるシチュエーションが多いのでポイントを貯める機会に恵まれています。

また、楽天Payによって貯めたポイントは後払い時にポイント払いを行うことができるのでポイントを無駄にしてしまう恐れがありません。

PayPayも同じく利用可能な店舗が多く、公共料金の支払いなどにも対応しています。また、高還元率のキャンペーンをこまめに行っているのも特徴のひとつでしょう。これらのペイサービスは割り勘機能や送金機能などユーザー同士でのお金のやりとりにも使える点が便利です。

・タッチ決済+後払い方式(QUICPay)
QUICPayはクレジットカード会社であるJCBが推進しているサービスです。スマートフォンによるアプリとカードの両方で決済を行うことができます。

利用料金は後払い方式となり、ひもづけされているクレジットカードから後日請求されます。クレジットカードの限度額まで利用することができ、事前チャージを行う必要はありません。

1/2ページ

最終更新:3/31(火) 20:02
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事