ここから本文です

松本穂香が青春特有の危うさと儚さを体現『君が世界のはじまり』今夏公開

3/31(火) 12:00配信

クランクイン!

 女優の松本穂香主演の青春映画『君が世界のはじまり』が今夏に公開されることが決定。ティザービジュアル、場面写真、イメージクリップが解禁された。松本は、閉鎖された地方に生きる高校生を演じる。

【写真】フィルムで撮影した『君が世界のはじまり』ティザービジュアル


 本作は、小説家で映画監督のふくだももこが、2016年に集英社「すばる」文学賞佳作を受賞した小説『えん』と『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』の自身の2作品を原作として、自ら監督を務めて映画化。映画『リンダリンダリンダ』(2005)、『聖の青春』(2016)、『愚行録』(2017)の向井康介が脚本を手掛け、ふくだが描いた若者たちの危うい魅力を損なうことなく、一つの物語に再編した。主演の松本とふくだ監督は、『おいしい家族』(2019)以来、2度目のタッグとなる。

 解禁された、松本を写したティザービジュアルと場面写真は、あえてデジタルではなくフィルムで撮影されたもの。穏やかに差し込む光の中、松本がティーンエイジャーならではの危うさと儚さを体現している。イメージクリップの映像は、松本演じる少女えんが、何かをいいたげな表情で正面を見据える姿に、「自分だけ自由になりたいなんて、そんなんで人にやさしくなれるのかな」という少年の意味深な言葉が重なるものとなっている。

 主人公を演じた松本は「青春時代って、一瞬すぎるからなのか、どこか記憶がぼんやりしている。大切な瞬間が溢れてたはずなのに、記憶が抜け落ちてる。だけど、多分、その時感じた切なさやあたたかさは、ずっとずっと心の中に感触として残ってるんだと思う。恥ずかしいぐらいまっすぐだった私たち。過去があって、今がある。私たちはずっと、何かに向き合いながら、苦しみながら生きてきた。そんな当たり前のことに救われる気がする。だから大丈夫。私たちは大丈夫。ダサくても痛くてもいい。だから伝わるものがある。そんな気持ちでこの作品に挑みました」と本作への思いをコメント。

 ふくだ監督は「“青春”という箱の中に入れられるのを嫌悪していたあの頃の、胸を突き抜けて飛び出しそうなエネルギーが、すべての登場人物に詰まっている。この映画が、どこへも行けない、何にもなれない、そんな風に思っている誰かの、はじまりのきっかけになればいいと願っています」とメッセージを寄せている。

 映画『君が世界のはじまり』は今夏全国公開。

最終更新:3/31(火) 12:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事