ここから本文です

NBA20年目を待ち望むジャマール・クロフォード「僕が準備できてることは間違いない」

3/31(火) 14:06配信

バスケットボールキング

「自分がプレーしているかのようにトレーニングしている。ワークアウトは毎日してるし、僕はそれが大好きなんだ」

 3月13日(現地時間12日、日付は以下同)に新型コロナウイルスの影響により、レギュラーシーズンを中断したNBA。選手たちはプレーしたくてうずうずしながら、自宅でトレーニングに励む一方、ビデオゲームをしたり、家族との時間を大切に過ごすなど、それぞれの生活を送っている。

 そんな中、3月20日に40歳を迎えたジャマール・クロフォードが29日に『ESPN』のインタビューへ応じた。キャリア19シーズンを誇る大ベテランは、通算3度の最優秀シックスマン賞を獲得しており、これはルー・ウィリアムズ(ロサンゼルス・クリッパーズ)と並んで歴代最多タイという快記録。

 キャリア平均14.6得点に2.2リバウンド3.4アシストを誇るインスタントスコアラーは、昨季フェニックス・サンズでプレーし、平均18.9分7.9得点1.3リバウンド3.6アシストをマーク。

 昨年4月10日のダラス・マーベリックス戦では史上最年長(39歳と20日)で50得点オーバー(51得点)の大爆発。これにより、4つの異なるフランチャイズで50得点ゲームを達成した前代未聞の選手となった。

 今季はNBAでプレーしていないものの、クロフォードは「自分がプレーしているかのようにトレーニングしている。ワークアウトは毎日してるし、僕はそれが大好きなんだ。僕はまだ(NBAのチームを)助けることができると知ってるからね」と話していた。

 今後レギュラーシーズンが再開されたとしても、6月中旬から下旬が最短という状況の中、「できれば、新たなチャンスをつかんで戻りたいね。僕が準備できてることは間違いない」と口にしたクロフォード。

 はたして、クロフォードのキャリア20シーズン目は現実として訪れるのか。新型コロナウイルスの感染が終息する日を心待ちにしたい。

BASKETBALL KING

最終更新:3/31(火) 14:06
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事