ここから本文です

レーシングポイントF1代表、2021年に持ち越せるパーツが増えれば「約13億円の節約が可能」と主張

3/31(火) 7:00配信

オートスポーツweb

 レーシングポイントのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、もし2021年シーズンも使用できるパーツが増えた場合、2021年は1000万ポンド(約13億3500万円)の資金を節約できるはずだと考えている。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、2020年シーズンのF1は保留状態となっていて、収益も大きく不足している。これによりF1は2021年に導入予定だった新しい技術規則の導入を2022年に延期し、2021年も現行のシャシーを使用することを決めた。

 この決定により、各チームはコストを抑えることができるようになる。しかしサフナウアーは、2021年も使用できるパーツが増えれば、もっとコストを抑えることができるはずだと考えている。

 サフナウアーはドイツの『Auto Motor und Sport』に対し、「我々は過去に3度、旧型シャシーを次の年に持ち越したことがある。厳しい時代にはシャシーだけでなく、サスペンションやトランシミッションも同じものだった」と語った。

 メルセデスから複数のパーツの供給を受けているレーシングポイントは、コストに関してはグリッド上で最も効率的なチームのひとつだ。サフナウアーは、次のシーズンに複数のパーツを持ち越すことで実現できるであろうコスト制限について、次のように述べた。

「旧型シャシーを使い続けることで、150万ポンド(約2億円)を節約することができる。もしギヤボックスなども旧型を使い続ければ、その額は300~500万ポンド(約4億~6億6800万円)になる可能性がある」

 またシャシーやギヤボックスなどに加えて、ホイールハブ、サスペンション、冷却システムといったコンポーネントも旧型の使用を続けると、節約効果はかなり大きくなる。

「もし最大限のプログラムを実行すれば、(節約は)1000万ポンド(約13億3500万円)まで可能になる」

 2021年に向けて、F1はすでに旧型モデルを使用するパーツの追加を決定している。しかしそれらのパーツの最終決定については、2020年シーズンに開催できるレースの数に左右されるだろう。

 レースの数が少なくなれば、その分2021年に持ち越されるパーツの数は増える。メルセデスからギヤボックス、ホイールハブ、サスペンションの供給を受けているレーシングポイントにとっても、コストを抑えることができるようになるのだ。一方メルセデスについても、サフナウアーは「メルセデスは新しいパーツをデザインする必要がないので、彼らにとって利益になる」と話した。

 なお現在レーシングポイントが所有しているスペアパーツは、10レース分だという。

「さらに10セット発注すれば、来年のためにいくらか節約することはできるが、それはそのパーツが(2021年も使用できると)承認されている場合のみだ」

 しかし2020年シーズンの状況が流動的になっているため、チームの今年の開発プログラムも中止になったとサフナウアーは明かした。

「今、風洞を使って盲目的に開発を続けるのは愚かなことだ。(メルボルン向けの)最初のアップグレードがどのように機能したであろうか、ということさえ我々にはわからない」

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/1(水) 11:22
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事