ここから本文です

<エール>第2回世帯視聴率19.1% 「テセウスの船」で話題の子役・白鳥玉季が登場!

4/1(水) 10:13配信

MANTANWEB

 俳優の窪田正孝さんが主演を務める2020年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の第2回が3月31日に放送され、平均視聴率(世帯)は19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。初回21.2%からダウンし、20.0%の大台に届かなかった。

【写真特集】ちっちゃい!! 「とと姉ちゃん」に出演していたころの玉季ちゃん

 第2回は、明治42(1909)年。福島の県下有数の老舗呉服屋「喜多一」の店主・古山三郎(唐沢寿明さん)とまさ(菊池桃子さん)に、待望の長男・裕一が誕生する。三郎は大喜びで当時はまだ珍しいレジスターを奮発して買ってしまうほどだった。それから10年……。両親の愛情をたっぷり受けて育った裕一(石田星空さん)は、不器用で内気な少年で、同級生からもいじめられがち。「乃木大将」と呼ばれるガキ大将の村野鉄男(込江大牙さん)にも目をつけられてしまう。

 この日は「裕一に文句がある女生徒」のとみ役で、連続ドラマ「テセウスの船」などに出演し、大人顔負けの演技で話題の子役の白鳥玉季さんが登場した。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一(窪田さん)と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」や、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」などを手がけた福島県出身の作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんと、その妻・金子(きんこ)さんがモデルで、男性主人公の朝ドラは2014年度後期の「マッサン」以来約6年ぶり。主題歌はボーカルグループ「GReeeeN」の書き下ろし曲「星影のエール」で、語り(ナレーション)は声優の津田健次郎さんが担当する。

最終更新:4/1(水) 13:06
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事