ここから本文です

Sensei無双。Adobeがチラ見せした未来的技術たち

4/1(水) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

相変わらず、どれもバヤです。

Adobe Summit 2020が、2020年4月1日(水)深夜よりオンラインで開催されました。Adobeのデジタルマーケティング関連の新プロダクトを紹介するイベントなんですが、新型コロナの影響でオンライン開催と相成りました(おかげでセッションごとに細かくアーカイブされていてむしろ見やすくなってる感も)。

【全画像をみる】Sensei無双。Adobeがチラ見せした未来的技術たち

日本語字幕も充実していてありがたいのですが、やっぱり気になるのは開発中の機能をチラ見せしてくれるSneaksでしょう。35分間のSneaksセッションではいくつかの未来的技術が発表されました(Adobe MAXの時ほど一般向け機能じゃないけどね!)。

リアルなモノがAIとARを介してデジタルに同期される

書籍を作る際の最終確認は、今、きちんと印刷・製本されたサンプルで行なわれています。著者と編集側とで何度かの校正をして、さぁ見本が刷り上がった。でも著者が海外に行っちゃって修正コメントを書き込んだサンプルを返送してもらうのが大変! こんな時に役立つのが、「Dually Noted」。いわく、書籍とデジタル文書を融合するテクノロジー。

編集者側は今まで通り、こんな風にPCからデジタル文書(たぶんPDF)に注釈を入れます。表紙はこんな感じで良いか、見出しの位置は問題ないか。

海外にいる著者には刷り上がった本のサンプルを送付し、実物でチェックしてもらいます。ちがうのがコメントの返し方。著者がスマホアプリを使って本をスキャンすると、編集がデジタル文書に入れた注釈がARで表示される。著者はスマホでコメントできる。つまりは、AIが実物を細かく認識して、入れられたコメントをARとデジタル文書とで対応・同期させてくれる技術なのです。

これ、本じゃなくて冊子やチラシなんかも同じように使えないのかな。刷り上がった見本に対して営業がアプリでコメントして、遠方のデザイナーが確認する、みたいな(ページが少ないと恩恵はイマイチかもですが)。

というかARということは、新iPad ProのLiDARが活きる可能性が…!?

1/4ページ

最終更新:4/1(水) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事