ここから本文です

陸上・五輪「銀」塚原氏コロナ感染 拡大防止の重要性訴え、自ら氏名公表を申し出る

4/1(水) 7:30配信

デイリースポーツ

 富士通は3月31日、陸上の2008年北京五輪男子400メートルリレー銀メダリストで、現在は同社陸上競技部でアドバイザーを務める塚原直貴氏(34)が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。五輪メダリストで感染が確認されたのは日本では初めて。塚原氏は30日から所管の保健所の指導のもと、感染症指定医療機関に入院している。

【写真】塚原が雄叫び!元祖リレー侍そろい踏みの中でもひときわ…

 塚原氏は28日9時頃から16時頃まで三重県鈴鹿市で陸上競技講習会の講師として参加。同日18時頃に体調不良と発熱のため同県内の病院で診察を受けた。翌29日になっても熱が下がらず、PCR検査を受けたところ、30日に感染が確認されたという。塚原氏が23~25日に出社した川崎工場については消毒などを実施した。

 富士通はプライバシー保護のため新型コロナウイルス感染者の氏名は公表していないが、今回は塚原氏の「多くの皆様に感染拡大防止に向けた取り組みの重要性をあらためてご認識頂けるのであれば公表したい。また、自らの感染による皆様へのご迷惑を最小限に止めたい」という強い申し出により、例外的に公表に踏み切ったという。

最終更新:4/1(水) 8:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事