ここから本文です

Fリーグのシュライカー大阪新監督に永井義文氏「元気・勇気・感動を共有する試合を」

4/1(水) 12:49配信

デイリースポーツ

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)のシュライカー大阪は1日、トップチームの監督に永井義文氏(32)が就任することを発表した。

【写真】Fリーグエキシビションマッチに参戦したロベカル

 永井新監督はC大阪のU-15、18に所属し、びわこ成蹊スポーツ大2年時にフットサルに転向。09年にシュライカー大阪トップチームに登録された。13年にはフットサル日本代表としてプレー。14年にはイタリアセリエA2のASDフットサル・イソラに加入した。15年にシュライカー大阪に復帰、17年に引退し、18年から同チームサテライト監督を務めていた。

 就任にあたってクラブを通じて「選手が熱闘し戦術的に魅力を放つフットサルをし、シュライカー大阪に関わるすべての人と元気・勇気・感動を共有する試合がしたいと思っています。私自身はシュライカー大阪に入団して12年が経ちます。今までもこれからもシュライカー大阪を支え、応援してくれる全てのみなさまに恩返しができるよう、自分の持てる力すべてを尽くします」とコメントした

最終更新:4/1(水) 13:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事