ここから本文です

喫煙室は加熱式たばこ専用に 白浜空港内

4/1(水) 16:35配信

紀伊民報

 南紀白浜エアポートは1日から、南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内にある2カ所の喫煙室を加熱式たばこ専用にした。

 1階到着ロビーにある一画(8平方メートル)と、2階搭乗待合室内の喫煙室(6平方メートル)。喫煙時にも「南紀白浜」を感じてもらおうと、壁紙には白良浜の写真などを取り入れた。紙巻きたばこの喫煙所は、空港ビル外の到着口横に1カ所を新設した。

 エアポート社の岡田信一郎社長は「空港は多くの人が集まる場所で、他者への配慮が不可欠。来年夏には新ターミナルビルができる予定もあり、今後も、和歌山や紀南の玄関口としてより良い環境整備に努めたい」と話している。

紀伊民報

最終更新:4/1(水) 16:35
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事