ここから本文です

岡山県内の在来線、大幅な遅れ 人と列車が接触、一時運転見合わせ

4/1(水) 7:38配信

山陽新聞デジタル

 1日午前5時50分ごろ、JR岡山駅4番ホームで「線路に人が倒れている」とJR西日本岡山支社から119番があった。列車に接触したとみられ、成人の男性が死亡していた。岡山中央署が身元や経緯を調べている。

 岡山支社によると、向かいのホームに入った列車の運転士が男性を見つけた。岡山駅を発着する全ての列車が約40分運転を見合わせたため、上下37本が運休・部分運休し、88本が最大1時間25分遅れ、約2万4千人に影響した。。

最終更新:4/1(水) 12:18
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事