ここから本文です

新年度スタートは全国的に雨 風も強く太平洋側では激しい雨も

4/1(水) 6:26配信

ウェザーマップ

 新年度初日となる4月1日(水)は、全国的に雨のスタートとなり、局地的には激しく降る所もある見込み。また、低気圧が本州の南岸を発達しながら東へ進むため、進路に当たる地域では風も強まりそうだ。

太平洋側では局地的に激しい雨に

 すでに、九州沖縄から東北にかけて広い範囲で雨が降っているが、午後には北海道の太平洋側でも雨が降り出す見込みだ。特に低気圧の接近に伴い、太平洋側では局地的に激しい雨が降り、落雷や突風、降ひょうにも注意が必要となる。雨のピークは、西日本は夕方まで、東日本は夕方から夜で、関東でも夜は沿岸部を中心に土砂降りの雨となる所がある見込みだ。

雨に加えて、強風も

 今回、低気圧は発達しながら東進し、1日朝には四国付近、夕方には紀伊半島付近、夜遅くには関東付近に達する見通しだ。低気圧の進路に当たる地域では、雨とともに風も強まり荒れた天気になる所もあるため、強風に対しても注意が必要となる。桜が満開になってから日にちが経っている東京などでは、花散らしの風雨になりそうだ。

気温上がらず、冷たい雨の所も

 日中は雨で気温が上がらず、冷たい雨になる所が多くなる見込み。ただ、朝の冷え込みが弱く、朝と日中の気温差が比較的小さいため、朝の体感で服装を選べば間違いはなさそうだ。

1日(水)の予想最高気温

札幌 15℃(4月下旬並み)
仙台 14℃(平年並み)
東京 13℃(3月上旬並み)
名古屋15℃(3月下旬並み)
大阪 17℃(平年並み)
福岡 16℃(平年並み)
(気象予報士・海老原美代子)

最終更新:4/1(水) 6:26
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事