ここから本文です

興南をコールドで破った新鋭・日本ウェルネスはどんなチームなのか?

4/1(水) 8:30配信

高校野球ドットコム

3月を終えて公式戦を行ったのは沖縄県。その中で気になる活躍を見せている学校がある。それは日本ウェルネスだ。全国には東京都の日本ウェルネス、長野にある日本ウェルネス筑北の系列があるが、沖縄の日本ウェルネスは2018年から加盟し、2018年9月に久米島に8対3に勝利し、公式戦初勝利。そして昨年6月に球陽に勝利し、夏初勝利。昨秋の1年生大会でもベスト8入りし、臨んだ春の大会だった。

いよいよベスト8が出揃いつつある沖縄県大会のトーナメント表!

快進撃を続け、準々決勝では名門・興南と対戦し、後半に突き放し、8回コールド勝ちを決めた。

 この沖縄 日本ウェルネスを率いるのは、青森山田で監督で2度、部長として8度甲子園に出場している五十嵐康朗氏。昨年8月で監督に就任し、わずか半年で強豪に負けないチームへ成長した。その中で、平良一葵はバットコントロールの高さ、身体能力を生かしたパフォーマンスが魅力的なショートストップだという。

 続く準々決勝。そして夏も無事に開催されれば、台風の目になることは間違いないチームである。

 【春季大会の勝ち上がり】
1回戦 10vs0 球陽
2回戦 9vs4 南風原
3回戦 8vs1 興南

最終更新:4/1(水) 8:30
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事