ここから本文です

今日はお家でおこもり。ママと一緒に手作りすると子どもが喜ぶモノを調査

4/1(水) 22:10配信

kufura

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、幼稚園や学校などが長期休暇に入っているご家庭も多いのでは? レジャー施設も軒並み休館や休園をしており、子どもたちの遊び場には困ってしまいますね。こんな時こそ、お家でママと一緒に“おこもり”を楽しんではいかがでしょう。『kufura』では、小学生以下のお子さんを持つ女性127人にアンケートをとり、おこもり中に親子で手作りをして楽しかった“モノ”について調査してみました。

作って楽しく、食べておいしい「お菓子作り」に挑戦!

「フルーツやシリアル、チョコレート、生クリームなど、トッピングをたくさん準備し、自由に組み合わせてパフェを作りました。楽しみながら食べてくれました」(31歳/主婦)

「4歳の息子とは、チョコバナナや白玉団子などをよく作ります。料理が大好きで、すごくうれしそうに作ってくれます。私も一緒に楽しめました」(29歳/その他)

「材料を飛び散らしながらも、楽しみながらホットケーキを作ってくれました。私は口頭で指示だけをし、最初から最後まで全部任せたら、とても張り切っていました」(43歳/主婦)

「ココアとノーマルの2種類のクッキー生地を作り、色を組み合わせたり、粘土のようにこねて顔などを作って焼きました。お友達や幼稚園の先生にも食べてもらうんだと張り切っていました」(36歳/公務員)

「小学校低学年の息子とはよくお菓子作りをします。ポップコーンがフライパンの中ではじけて増える様子を見たり、ホットケーキをひっくり返す作業が楽しいようです」(46歳/主婦)

「幼稚園の娘とフルーチェを作ったらとても喜んでくれて、冷やしている間も、食べるのが待ちきれない様子でした」(35歳/主婦)

アンケートでは、「料理を楽しむ派」と「工作を楽しむ派」の大きく2派に分かれ、なかでも、お菓子作りを親子で楽しむご家庭が、全体の約半数を占めました。「クッキー」や「ホットケーキ」といった、型抜きが楽しめたり、さまざまな形が作れるお菓子作りの人気が高く、男の子でも楽しんで作っているようです。

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 22:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事