ここから本文です

「日本は本気で変わりたいのか?」 アイスホッケー界を背負い続けた37歳・福藤豊の悲痛な叫び

4/1(水) 19:05配信

REAL SPORTS

北京への道のりは、早くも閉ざされてしまった。2月にスロベニアで開催された2022年北京五輪の男子アイスホッケー3次予選で敗退し、日本代表24年ぶり出場の夢はかなわなかった。

日本のアイスホッケー界が、本気で変わろうとしているとは、正直思えない――。

日本人で初めてにして唯一、世界最高峰の舞台NHLでプレーした経歴を持つ男は、静かに、だが強く、自らの率直な想いを口にした。18歳で日本代表に初選出されてから約20年。日の丸の責任を背負い続けてきた37歳は、未来をも背負う覚悟がある。福藤豊の悲痛な叫びは、届いているか?

(インタビュー・構成=沢田聡子)

一度は勝ったことのある国に完敗。歯がゆく悔しい思い

――2022年北京五輪3次予選(※)で男子日本代表は残念ながら敗退、最終予選に進むことができませんでした。3次予選での日本は第2戦まではいい勝ち方をしてきたように思いますが(日本9-0クロアチア、日本4-0リトアニア)、最終戦で負けてしまいました(日本2―6スロベニア)。その原因はなんでしょうか?
(※2月6~9日にスロベニア・イェセニツェで開催。クロアチア<世界ランキング29位>、スロベニア<同18位>、リトアニア<同24位>、日本<同23位>が参加。総当たりで各国3試合を行い、1位だけが最終予選に進む)

福藤:最終戦で対戦したスロベニアは、同じグループの中では一番ランクの高い国だったので、一気にプレースピードも上がって、そこで差が出てしまったかな。でも、よく守ってスコアリングチャンスもあったので、振り返ってみると勝てるチャンスはあったと思う。ただ60分間スロベニアに圧倒されていて、厳しい戦いであったことは間違いないですね。日本代表が負けを真摯に受け止めて、勝つために何をするべきか考えなくてはいけないと思います。

――日本は2014年ソチ五輪予選では最終予選に出られず、2018年平昌五輪予選の時は最終予選で敗退。今回、北京五輪予選では再び最終予選に進出できなかったわけですが、その間ずっと代表の正GKを務めていた福藤さんから見て、日本代表の問題はどういうところにあると思いますか?

福藤:代表の問題というより、リーグ全体の問題でもあると思うんですよね。代表にあまり協力的ではない部分もあると思うし、“チームあっての代表”といった風潮があるのは否定できない。もう少し代表メインであってもいいのかな、とは正直思います。「代表組が抜けるのは困る」というのではなく、代表で戦う時間をもっと長くしていかなくてはいけない。現状では代表に行ったからといって、高いレベルの試合ができるというメリットしかない。チームやリーグ全体での代表強化への協力が、もう少し必要なのかなと思いますね。

 やっぱり僕自身、韓国に勝っていた時期、追いつかれた時期、そして追い抜かれた時期を全部知っている。それは他の国でも同じで、スロベニアには一度韓国開催の世界選手権(2014年)で勝っている。そういう国に今回圧倒的な差を見せられたことに関しては、歯がゆいというか、すごく悔しいです。

1/3ページ

最終更新:4/2(木) 7:40
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事