ここから本文です

ホンダの軽「N-ONE」が2020年秋モデルチェンジ! 気になる発売時期や価格、燃費を大予想!

4/1(水) 12:30配信

MOTA

ホンダが軽自動車「N-ONE」(エヌワン)を2020年秋にモデルチェンジすると公式サイトで明らかにした。現行N-ONEは2020年春に生産を終えており、現在在庫のみの販売となっているが、新型ではレトロなデザインイメージはそのまま継承されるのか。さらに発売日や価格や燃費など、気になる新型の概要について徹底予測する!

■これが新型N-ONE! 東京オートサロンにこっそり出展してたプロトタイプを画像で見る[フォトギャラリー]

現行N-ONEはN360のデザインをモチーフに2012年デビュー

ホンダの現行型「N-ONE」(エヌワン)は2012年にデビューした。1967年、ホンダで初めて量販された4人乗り軽乗用車「N360」のデザインモチーフを引用。レトロでかわいらしい雰囲気を持ち、根強い支持を集めていたロングセラーモデルだった。

しかしHondaの公式Webサイト上では、既に現行N-ONEを生産終了したことを正式表明済み。2020年3月現在は全国販売店の在庫車両のみが売られているようだ。

新型N-ONEはどんなデザイン!? 台形フォルムやレトロな丸目ライトは変わらず

ホンダ N-ONEといえば、どこか懐かしさを覚えるレトロなデザインが特徴だ。新型N-ONEのデザインはどう生まれ変わるのだろうか。

ホンダの公式サイトによると「流行に左右されないデザインを貫いてきたN-ONE」「きほんのかたちはそのままに(2020年秋モデルチェンジする)」「これからも変わりはない」との記載がある。

したがって現行型N-ONEのコンセプトはそのまま継承され、同様のレトロなデザインのまま刷新されるようだ。

■N-ONEの特徴は3つのかたちにある

ホンダの公式サイトによると、N-ONEの個性はN360から受け継がれており、その特徴は3つのかたちにあるとしている。

1.ひとの瞳のように親しみやすい、丸目のヘッドライト

2.後ろを走るクルマからもしっかり見える、四角いリアランプ

3.ボディの隅に配置したタイヤで安定感のある、台形フォルム

の3つだ。

初代N-ONEオーナーなら「お、新しくなった!」と感じるだろうが、基本的には変わらない「N-ONEらしさ」を継承する。モデルチェンジを重ねても“らしさ”を継承し続けるMINIやVWゴルフのように、欧州メーカーなどではしばしみられるスタイルだが、日本のメーカーとしては珍しい。

ともあれ、1日も早く新型N-ONEのデザインを見てみたいものだ。ホンダの他モデルの事例からみて、正式発表前の事前公開(チラ見せ)もあるかも!?

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 14:26
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事