ここから本文です

旅先で犬に“脚を噛みちぎられた”元芸人 「怖い思いをさせてしまい…」反省の理由が妙に腑に落ちる

4/1(水) 10:50配信

AbemaTIMES

 2016年にお笑い芸人を引退し、現在はラジオパーソナリティーなどで活躍するマンボウやしろが、旅先で雑種犬に脚の肉を噛みちぎられるという災難を告白。しかし、「逆に怖い思いをさせてしまって…」と反省しきりの本人から理由を聞いた千原ジュニアが「ほんまやわ~」と妙に納得する場面があった。

【映像】旅先で犬に脚を…衝撃の告白

「みんなで旅行に行ったとき、『犬とスキンシップを取って皆でテンションを盛り上げよう』という話になり、犬の目の前に座ったんです」

 そう切り出したやしろだったが、次の一言でスタジオが凍り付いた。

「その瞬間、脚を噛み切られまして…」

 犬に脚を噛み切られるという、にわかに想像しがたい激白により「えっ?」という反応で周囲が静まると、やしろは「脱いで見せたいぐらいだ。親指一個分くらいの肉が噛み切られた」と言って立ち上がった。

 その後、モニターに当時の痛々しい写真が映し出されると、さらに悲鳴が。しかし、やしろが「たぶんシベリアンハスキーのTシャツを着ていたので…」と話すと、悲鳴は一転、笑いに変わった。

 「人に一切危害を加えなかった犬が、座った瞬間に脚にパーンと入った。初めは噛まれた意味が分からなかったが、鏡を見て『あ、これシャツだな』と思った。逆に怖い思いをさせてしまって申し訳なかった」などと災難に至った理由を自己分析したやしろ。

 すると「ほんまやわ~」と妙に納得した様子の千原ジュニアは「どえらい大型犬が来よったと思ったのだろう」と笑顔を浮かべた。(AbemaTV/『Abema的ニュースショー』)

最終更新:4/1(水) 11:52
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事