ここから本文です

元整備士イチオシ! パパ・ママ友に100万円以下でドヤれる外車

4/1(水) 14:50配信

MOTA

毎週恒例となってまいりました「~万円以下でドヤれる外車」のコーナーでは、意外にもリーズナブルな価格で購入できる中古の外車をご紹介!

■情熱の赤が眩しい! おしゃれ過ぎるジュリエッタの内外装を画像で見る

値段が高いと思われがちな外車ですが、実は中古車になることで同じ年式の国産車よりお買い得になる車種も少なくありません。

このシリーズを参考にして、ほんの少し視野を広げれば、きっとあなたの心に刺さるお気に入りの1台を見つけることができますよ!

▼前回の「パパ・ママ友に100万円以下でドヤれる外車」は関連記事をチェック▼

各方面から高評価のイタリアンハッチバック アルファロメオ ジュリエッタ

今回ご紹介するのは、イタリアの老舗メーカー、アルファロメオのCセグメントハッチバック“ジュリエッタ”です。

Cセグメントというとちょっとピンとこないかもしれませんが、外車で言えばフォルクスワーゲン ゴルフやBMW 1シリーズ、国産車ならトヨタ カローラスポーツやスバル インプレッサが該当する“やや大き目なコンパカー”です(なんか矛盾した表現…)。

ドヤポイント その1:唯一無二の個性的で美しいスタイリング

アルファロメオの魅力を問われれば、官能的と表現されるエンジンや、ドイツ車にはない足回りを上げる熱狂的なファンの方もいらっしゃいます。

もちろんその魅力はごもっともなのですが、これから外車に乗ってみたいと思っている方に、筆者がおすすめしたいポイントはスタイリングです!

誰が見ても外車! とわかる盾型のフロントグリルは、アルファロメオを象徴するポイント。

さらにドアノブをピラーに埋め込むことで、ハッチバックでありながら、クーペのように流れるような美しいボディラインは、情熱的とも評されるアルファロメオそのものを表現しています。


■個性やこだわりを大事にしたいパパ・ママさんにおすすめ!
アルファロメオというメーカーを知らなくても、「あ、なんか見たことある」と街行く人の記憶に残る個性。その個性を売れ筋デザインとは関係なく貫くメーカーの姿勢こそアルファロメオの魅力です。

アルファロメオ ジュリエッタでお買い物や送り迎えに行けば、周囲の注目を集めること間違いなし!

1/2ページ

最終更新:4/1(水) 14:50
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事