ここから本文です

彩羽匠インタビュー 師匠・長与千種に教え込まれた「プロレスラーとは何か?」【前編】

4/1(水) 9:00配信

ENCOUNT

何気なく見た北斗 VS 神取でプロレスの虜に

 クラッシュギャルズで一世を風靡した長与千種が1995年に起ち上げたGAEA JAPAN(ガイアジャパン)。女子プロレスの中心に君臨した状態のまま2005年に解散してしまったが、旗揚げから25年、そして終幕から15年、オープニング&ファイナル興行の場所でもある東京・後楽園ホールにて4月15日(水)、一夜限りの復活となる「GAEAISM -Decade of quarter century-」を開催する。セミファイナルには「GAEAISM THE HISTORY」と銘打たれたオリジナルメンバーによる6人タッグが行われるが、GAEAの大会でメインを張るのは長与の弟子と、センダイガールズプロレスリングの里村明衣子の弟子による一騎打ちだ。長与がGAEA解散後に起ち上げたMarvelous(マーベラス)で後継者に任命された彩羽匠。GAEA時代、長与の後継者に指名された里村が、自身の団体で育て上げた橋本千紘(はしもと・ちひろ)。彩羽 VS 橋本、運命の一騎打ちはGAEAISMを未来につなぐ重要な一戦。今回は、長与に憧れてレスラーになった彩羽匠に話を聞いた。

【ギャラリー】クラッシュ・ギャルズで人気を博した長与千種の愛弟子・彩羽匠

――彩羽選手は全日本女子プロレスでの長与千種選手の試合映像を見て憧れたそうですけど、明らかにリアルタイム世代ではないですよね?

「プロレスが元々好きだったとか、親がファンだったとか、よくある話じゃないですか。でも私は全く違ったんです。高校でパソコンの授業があったんですが、最後の10分が自由時間でYouTubeをたまたまそこで開いたら、『アナタにオススメ』として出てきたのが北斗晶さんと神取忍さんの両国の試合(93年12月6日)だったんです」

――女子プロレス団体対抗戦時代の試合ですね。

「北斗さんが元プロレスラーという事は知ってましたけど、実際にプロレスをしているところって見たことなかったので、どんな感じだろうと思って見たのが最初にプロレスに触れた瞬間でした。それまでの北斗さんのイメージって、バラエティで見る“最強の女”だったんです」

――“鬼嫁”というやつですね。

「そうですね。“隙の無い最強の人”っていうイメージがありました。でもその最強の人が神取さんに負けてたんです。その衝撃が大きくて、神取さんって凄いんだって思いました。北斗さんは神取さんに負けましたけど、強いイメージはそのままだったので、どうしたらそんなに強くなれるんだろうと興味を持って北斗さんの自伝を読んだんです。その自伝に“長与千種だけは唯一尊敬してる”みたいな事が書かれてました」

――北斗さんの自伝で長与千種の名前が出てきたんですね。

「最強の人が尊敬する人ってどんな人なんだって。そこから長与さんの映像を探して見るようになって、憧れが大きくなっていきました。その中からダンプ松本さんと長与さんの髪切りマッチも見つけて。また違う衝撃を受けました。(その流れで)クラッシュギャルズも見ましたよ」

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 9:00
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事