ここから本文です

36歳シングルマザー「自分にもしものことがあったら不安です。娘にお金を遺せる保険はありますか?」

4/1(水) 19:10配信

ファイナンシャルフィールド

【ご相談内容】
沢田綾乃(仮名)、36歳です。4歳の娘・両親とともに暮らすシングルマザーです。2年前に離婚しました。元夫は結婚後も働かず、DVもあり、離婚の際には逃げるように実家に帰ってきたので養育費もありません。両親は、70歳の父と68歳の母です。

先日、職場の同僚が33歳の若さで乳がんにより亡くなりました。うちの子と同じ年の子がいて仲も良かったため、とてもショックを受けています。彼女にはご主人がいるので主に金銭的な面において不安は少ないかもしれませんが、もし私に何かがあった場合どうしたら良いでしょうか。

実家の両親は年金暮らしで、決して裕福とはいえません。すごく不安になってしまいました。わずかでも娘に遺してあげたいので、私に合う保険を教えてください。

遺産は作るもの

FP(ファイナンシャルプランナー)の中には、極端に保険を嫌う人がいます。確かに、保険営業の方の中には、お客さま本位ではない保険を販売し、怒りを覚えることもあります。

しかし、だからといって保険加入を検討する相談者さまに対し、保険よりも「長期分散投資」をお勧めすれば良いかというと、それでは済まされないケースもあると思うのです。

筆者の知る、ある会社の保険営業の方が「遺産は作るもの」という言葉を発しました。最初はかなり違和感がありましたが、シングルマザーにスポットを当てた場合、その言葉は生きてくるのではと筆者は考えています。

その方の言う「遺産を作る」とは、生命保険に月々加入をすることにより、遺産を作っていくのはどうかという提案でした。

現在は、さまざまな保険のタイプがありますが、わかりやすくすると、娘さんが22歳の大学卒業時までに、その後の暮らしに必要なお金として2000万円準備してあげたいとしましょう。

綾乃さんのように、万が一を想定して2000万円の遺産を遺したいと考えた場合は、死亡保障が2000万円の保険に加入します。万が一、綾乃さんが37歳でなくなっても、40歳で亡くなっても、保障金額2000万円が支払われます。つまり、毎月数千円の掛け金を支払って「2000万の遺産」を作ってあげることができるのです。

※加入期間がたつにつれて「必要額」が減りますので、保障額は年々低くなることがあります。そのよう場合を想定して「逓減型(ていげんがた)」という契約もありますが、今回は割愛します。

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 19:10
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事