ここから本文です

ママの新しいコミュニティーは“スマホ” 先輩ママにスマホで子育ての悩み相談 新型コロナの影響で利用者も増加

4/1(水) 13:14配信

中京テレビNEWS

 初めての子育てに奮闘する、田中さん。夫と1歳7か月の息子と3人暮らし。

 出産を機に仕事から離れ育児に専念していますが、子育ての大変さを感じているといいます。

「(新型コロナウイルスの影響で)支援センターが休みになった。子どもと2人きり(の時間は)、大変なこともあって、大人と話したくなる」(田中さん)

 田中さん、スマホに向かって話し始めました。

「イヤイヤ期の乗り越え方を聞きたい」(田中さん)
「ちゃんと対応してあげなくては、気持ちを分かってあげなくてはと(とか思うかもしれないけど)。心が近くなるとイライラするから、(心を)近づけない」(先輩ママ)

 相談しているのは、スマホの中の「ママ友」。

 このママ会「ママライフバランスプロジェクト」は、ホームページから事前登録をするだけで、無料で誰でも参加できます。

「ワンオペ育児」や「パパとのコミュニケーション」など、毎回テーマが決まっていて、興味がある人たちが集まります。

 この仕組みを作ったのが、二児のママでもある沖田厚子さんです。

「産後うつと診断された時があって。(産後うつの予備軍の時に)子育ての視野を広くするような情報があったら違っただろうなって」(ママライフバランスプロジェクト 代表 沖田厚子さん)

 この1年で参加者は、全国各地から800人以上となりました。

 新型コロナウイルス感染拡大で、集会などの自粛が要請される中、どこでも参加できる便利さから利用者が増えているといいます。

 3月13日に開催されたオフ会。この日は、先日から実施された突然の休校が話題になっていました。

「預ける人がいる人は預けて、できるだけ休んでくださいって」
「うちも家族総出で、(私が休みの日には)私がみて、夫が(取れる時は)有休とって、あとはおばあちゃん」(オフ会に参加したママたち)

 皆さん、スマホの中のママ友に助けられたといいます。

「リフレッシュできた」
「前向きに明るくなれた。子どもも家庭も円満になる」(オフ会に参加したママたち)

1/2ページ

最終更新:4/1(水) 13:30
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事