ここから本文です

おこもりの時間を豊かに。子どもも親も楽しめる、セレブによる絵本読み聞かせが話題

4/1(水) 22:50配信

ELLE ONLINE

コロナウイルス流行で自宅待機になった子どもたちに向けて、ハリウッドセレブたちが絵本を読み聞かせ、同時に困窮する子どもたちに食糧や物資を届けるための支援金を募るチャリティ活動「セーブ・ウィズ・ストーリーズ」が話題だ。発起人は女優のジェニファー・ガーナーとエイミー・アダムスでチャリティ団体「セーブ・ザ・チルドレン」&「ノー・キッド・ハングリー」とパートナーシップを組んだ。現在、公式インスタグラムでは、こちらで紹介したセレブ以外にも多くの賛同するスターたちが読み聞かせ動画を配信中。ぜひ子どもと一緒にチェックしてみて。

【写真・動画】新型コロナウィルスをめぐる、心温まるポジティブエピソード31

リース・ウィザースプーン

3人の子どもの母親であるリーズ・ウィザースプーンが選んだのは“小さな女の子”は本当にいる、と信じるユニコーンを主人公に、想像力の豊かさを賛美する『Uni the Unicorn』(エイミー・クラウス・ローゼンタール 作/ブリジット・バラガー 絵)。

リースはこの絵本について「信じることについての物語なのよ。それはとっても大切なこと」と自身のコメントを添えている。

ジェフ・ブリッジス

『クレイジー・ハート』でアカデミー主演男優賞を受賞しているベテラン俳優、ジェフ・ブリッジスは画家、写真家としても活躍しており、最近では実の娘が出版する絵本にイラストを寄稿したことでも話題になったばかり。

そんなジェフが読み聞かせ絵本として選んだのは『All the World』(リズ・ガートン・スカンロン 作/マーラ・フレイジー 絵)。ある家族の夏の一日の描写から、人間の営みや世界とのつながり、家族の愛、自然、歴史、喜びなどを韻を踏んだ美しいフレーズにのせて子どもたちに伝える名作だ。

最後にジェフは「お互いのことを大切にしよう。人だけじゃなくて、動物や虫たち、木々や森もね」と締めくくっている。

ジェニファー・ガーナー

この企画の発起人であるジェニファー・ガーナーは自宅の庭から2冊の本を読み聞かせ。

1冊は海版“3匹の子豚”と言える『The Three Little Fish and the Big Bad Shark』(ケン・ガイスト 作/ジュリア・ゴートン 絵)、もう一冊は農場の納屋の一つ屋根の下で暮らす沢山の動物たちを紹介する『Big Red Barn』(マーガレット・ワイズ・ブラウン 作/フェリシア・ボンド 絵)だ。

登場する動物のキャラクターにあわせて声色を変えながら見事に演じ分けているのはさすが女優! 思わず大人も引き込まれるはず。

エディ・レッドメイン

英国人俳優のエディ・レッドメインは絵本『Zog』(ジュリア・ドナルドソン 作/アクセル・シェフラー 絵)を読み聞かせ。ドラゴンの学校で一番を目指すドラゴンのゾグと、おっちょこちょいなゾグを助ける人間のお姫様が登場する話で、鮮やかな色彩と楽しげなタッチが特徴だ。

「僕の大のお気に入り」と紹介するだけあり、とても楽しそうに読み聞かせするエディの姿にも注目。

(Text : NAOKO OGATA)

最終更新:4/1(水) 22:50
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事