ここから本文です

ロッテ・井口監督が自宅待機中のナインにタブレット端末の活用指令「データを見るいい機会に」

4/1(水) 7:10配信

中日スポーツ

 ロッテ・井口資仁監督(45)は3月31日、自宅待機中のナインにタブレット端末の活用指令を出した。

【写真】藤浪のPCR検査を受けて鳴尾浜球場消毒

 「選手個々が考えて今できる最大限のことをやってほしい。各自(球団から配布されている)アイパッドを持っているのでキャンプからの映像、データを見るいい機会にしてほしい」

 チームは新型コロナウイルス感染予防のため1、2軍ともに活動休止中。全選手が再開予定の6日まで不要不急の外出を控えているだけに、激しい運動はできない。そんな状況だからこそ井口監督は、タブレット端末で自身をチェックし、分析することを奨励した。

 3月28日から自粛している全体練習は、この日から再開する予定だった。だが、自治体からの外出自粛要請などを考慮し、6日間延長した。1週間以上もチーム練習ができない現状は痛手だ。

 指揮官は「もちろん、チームにとっても選手にとっても練習自粛はつらいところ」と渋い表情。それでも「1日でも早く開幕できるように、われわれができることは自粛して開幕を待つこと」と前を見据えた。

最終更新:4/1(水) 7:10
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事