ここから本文です

【新型コロナ】白井市、5月中旬まで公共施設休館

4/1(水) 12:32配信

千葉日報オンライン

 白井市は、新型コロナウイルス感染防止のため、31日まで臨時休館していた図書館など公共施設について、休館期間を5月中旬まで延長すると発表した。

 休館施設は、しろい市民まちづくりサポートセンター、白井駅前センターなど各センターや、プラネタリウム館、郷土資料館、文化会館、図書館など。各センターで会議室や和室を貸し出す「貸館業務」も中止するが、住民票交付など出張所業務、有料施設の支払い受け付けなど一部業務は行う。

最終更新:4/1(水) 12:32
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事