ここから本文です

食のプロがこっそり教える、有名店の隠れた名品5選|HERS

4/1(水) 16:00配信

magacol

名店の中で光り輝く、確固たる人気の定番品。それ以外に食通たちが「実はこれが最高なんです…♪」と声をひそめる、自分だけが愛し続けているアイテムがあるそうです。

今回は食のプロたちの“自分だけの楽しみ”を、4月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

■食にこだわる方々は、名店の“定番品”と“自分だけの楽しみ”を使い分けています!

料理家 麻生要一郎さんの楽しみ・・・callの「生きてる!味噌」

<左>生きてる!味噌 ¥780 <右>タケダワイナリー サン・スフルのワイン¥2,000(ともに call)

「ミナ・ペルホネンのデザイナー、皆川 明さんのお姉さんが作っているという味噌。味わいはもちろん、この手作り感溢れるラベルもまた素敵です。ずっと我が家の定番味噌。『ミナ・ペルホネンにお味噌を買いに行く』って、ちょっと素敵じゃないですか?」

インテリアコンサルタント 藤田卓也さんの楽しみ・・・パティスリーユウササゲの「絞りたてモンブラン」

<左>絞りたてモンブラン¥600 <右>シュークリーム¥255(ともにパティスリーユウササゲ)

「以前、手土産にシュークリームを買いに行った時、ふと気になって買ってみたところとても美味しく、それ以来必ず買ってしまうのがモンブラン。オーダーを受けてから絞るので、香り高いモンブランペーストと中の軽めのメレンゲの相性が素晴らしく、絶品です」

スタイリスト 中里真理子さんの楽しみ・・・ナショナル麻布の「フラワー トルティージャ」

<左>フラワー トルティージャ¥519 <右>フレッシュピーナッツバター¥498(ナショナル麻布)

「撮影の時に岸本恵理子さんに教えてもらって以来、このトルティーヤ以外は食べられなくなりました。小麦粉、塩、油のみ、というシンプルな原材料で作られたトルティーヤは本当に美味。薄い生地感もまた魅力です。これだけを買うためにナショナル麻布へ足を運んでいます」

ギャラリーfeveオーナー 引田かおりさんの楽しみ・・・ソイビーンファームの「チーズケーキ」

<左>チーズケーキ¥371 <右>味噌(秋田・300g)¥500(ともにソイビーンファーム)

「昭和61年からという長い歴史を持つ『ソイビーンファーム』は味噌と味噌料理の専門店。定番の味噌はもちろん抜群に美味しいのですが、私はこのチーズケーキが大好き。お店で食べられますが、テイクアウトもできるのがうれしい。西京味噌をクリームチーズに混ぜて作っているそうです。とても濃厚なチーズの中にほんのりと味噌の風味を感じます」

フードライター 小石原はるかさんの楽しみ・・・スーパーマーケット ナニワヤの「ネギダレ」

<左>ネギダレ¥398 <右>ローストビーフ¥1,000~1,380(100gごと)(ともにナニワヤ)

「ナニワヤの鉄板名物といえばローストビーフ。けれども実はこのネギダレとお惣菜コーナーが熱い。ネギダレは肉を巻いたりお豆腐にのせたり楽しみ方は様々。うどんやラーメンにひとスプーン足すと味に深みが増します。お惣菜コーナーのおかずの商品ラベルに“〇〇作”と作った人の名前が入っているのもツボ。人間味を感じさせてくれるスーパーです」

撮影/清水奈緒 コーディネート・取材・文/柿本真希 構成/小橋健太郎

最終更新:4/1(水) 16:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事