ここから本文です

ブラジル製ジムニーがヤバいほどカッコイイ! ユニークな南米モデル5選

4/1(水) 6:10配信

くるまのニュース

こんなクルマあったの? ユニークな南米のモデル

 現在、南極を除くすべての大陸で自動車の販売がおこなわれていますが、なかでもユニークな市場が南米です。

【画像】ド派手なジムニーを日本でも売って! 超珍しい南米のモデルを見る(20枚)

 ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、エクアドルは中古車輸入が禁止されていることから、南米には多くの完成車メーカーが操業しており、とくにブラジルは自動車大国としても有名です。

 また、現地で販売されているクルマのなかには、ほかの地域では売っていないような南米独自のモデルも存在。

 そこで、とくに珍しい南米のクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「WR-V」

 ホンダは販売する地域のニーズに合わせたクルマを開発するために、世界各地に開発拠点となる研究所を設立し、独自車種を販売しています。

 そのなかの1台が2017年に発売された「WR-V」で、ブラジルの“Honda R&D Brazil”がデザインしたコンパクトSUVです。

 WR-Vは日本の先代「フィット」に相当する「ジャズ」のFF車をベースにフロントマスクを変更しただけでなく、バンパーやフェンダー周り、ルーフレールなどが装備され、最低地上高が上げられていることで力強いSUVらしさを表現。

 エンジンは1.5リッター直列4気筒を搭載し、ブラジルならではのガソリンとエタノールのどちらにも対応した「フレキシブル・フューエル・ビークル」となっています。

 なお、WR-Vはインドでも販売しており、こちらはインド生産の1.5リッター直列4気筒ディーゼルエンジン搭載車も用意されています。

●スズキ「ジムニー」

 スズキ「ジムニー」は小型軽量なボディと耐久性の高いラダーフレーム、前後リジッドサスペンション、大径タイヤの採用により、高い悪路走破性能を発揮する本格的なクロスカントリー4WDです。

 ジムニーは海外でも人気があり、アジア圏を中心に欧州、北米、南米などで派生車や現地生産車を含め、数多く販売してきました。

 そのなでスズキはブラジルの現地法人と契約を結び、2008年からエタノール燃料対応モデルの販売が開始され、2012年には現地生産のブラジル製ジムニーが登場しました。

 先代ジムニーをベースにしたブラジル製ジムニーは、最高出力85馬力の1.3リッター直列4気筒エンジンを搭載し、4つのバリエーションを展開。

 もっともワイルドな「フォレスト」は、角型オーバーフェンダーやゴツいデザインのバンパー、渡河用シュノーケルや大径オフロードタイヤが装着されるなど、完全にオフロード走行に特化したモデルとなっています。

 見た目はまるでジムニーのカスタマイズドカーのようで、国内で走らせたら注目度満点です。

 なお、ブラジルでは日本の「ジムニーシエラ」に相当する現行モデルも併売されています。

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 15:46
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事