ここから本文です

丸目ライトがカワイイ! トヨタ「ハイエース」のカスタムカーに新バージョン登場

4/1(水) 14:50配信

くるまのニュース

 トヨタ「ハイエース」と「ランドクルーザー」の専門店を展開するフレックスは、中古車(一部新車を含む)を新車のようにリノベーションしたカスタムを施すブランド「Renoca(リノカ)」のオリジナルモデルカー「コーストライン」に「丸目ヘッドライトver.」を設定し、2020年3月31日から販売開始しました。

【画像】レトロでお洒落なハイエース! 丸目と角目はどう違う?

 コーストラインのフェイスタイプは角目ヘッドライトが設定されていましたが、2017年3月のリノカ開始以降、多くのユーザーから「角目もいいけど、丸目はないの?」という要望が寄せられていたことから、丸目ヘッドライトが開発されました。

 ベース車であるハイエース200の、標準ボディ/ワイドボディのどちらでも、角目に加えて丸目仕様が選択可能です。

 リノカは「自分らしくデザインして長く乗る」をテーマにしており、フレックスでは、ずっと愛せるデザインと、ずっと乗り続けられる製品強度を課題として掲げています。

 それらを実現すべく、メーカー純正のボンネットを手がける工場で、スチール製のオリジナルボンネットを製造。

 元々のハイエース200の造形に対し、無理やり辻褄を合わせた見た目ではなく、最初からこうだったと思えるような必然的なデザインと強度を両立しています。

くるまのニュース編集部

最終更新:4/1(水) 18:47
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事