ここから本文です

エバートン、さらなる高み目指してウェールズ代表のスター2選手獲得に興味か

4/1(水) 15:20配信

超WORLDサッカー!

エバートンがウェールズ代表2選手のダブル獲りを画策しているようだ。イギリス『90min』が伝えた。

【動画】まさにゴールマシーン!C・ロナウドのユベントスベストゴール集

今シーズン、シーズン開幕から絶不調に陥ったことでマルコ・シウバ前監督を解任し、カルロ・アンチェロッティ監督を招へいしたエバートン。驚きの声が多く上がった中で、エバートンのファルハド・モシリ会長は、同監督がプレミアの優勝争いに導く為の最適な監督だと考えているが、チームの陣容には満足しておらず、6~7人トップクラスの選手を引き入れたいと考えているという。

その候補として、レアル・マドリーのMFガレス・ベイル(30)とユベントスのMFアーロン・ラムジー(29)が挙げられている。『90min』によれば、クラブ役員がすでに選手と会談を行ったと言われている。

ベイルに関しては、35万ポンド(約4600万円)という莫大な週給が売却を臨むマドリーや、獲得に興味を持つクラブにとってネックとなっているが、移籍先のクラブがその大半を負担する場合、手数料なしでレンタルを許可する方針なのだという。

一方、昨夏にアーセナルからフリーでユベントスに加入したラムジーだが、ここまで先発出場は9試合と、不満の溜まるシーズンに。これ以上ベンチを温めるつもりはないと移籍を考慮しており、ユベントスも適切なオファーが届けば放出を認めると、エバートン陣営に通達したようだ。

ラムジーもベイルと同額の週給を稼いでいるため、移籍金も含めてかなり大きな挑戦となるが、クラブは高みを目指すためには多額の出費も厭わないとのことだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/1(水) 15:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事