ここから本文です

シャルケMFアリに高額の罰金…外出禁止令破り深夜に水タバコバーでパーティー

4/1(水) 20:43配信

超WORLDサッカー!

シャルケは先日に外出禁止令を破って水タバコバーを訪れたモロッコ代表MFアミーヌ・アリに対して罰金処分を科した。ドイツ『ビルト』が報じている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、各クラブは選手やスタッフに不要不急の外出を避けることを命じている。

しかし、アリは現地時間20日の深夜1時半頃に友人と共に水タバコバーにいたところを警察によって拘束されていた。本来、新型コロナウイルスの影響で飲食店の営業は午後6時までと定められているのだが、深夜0時を過ぎても明かりが点いていたことから近隣の住民が警察に通報していた。

そして、今回の規律違反を受けて、シャルケはアリに対して10万ユーロ(約1100万円)という高額な罰金を科したという。

また、そのうちの3万ユーロ(約350万円)に関しては、新型コロナウイルスによって厳しい生活を送っている地元の人々を支援するためにクラブ独自で行っている援助キャンペーンに寄付されるようだ。

これに関して、シャルケのスポーツ・ディレクターを務めるヨッヘン・シュナイダー氏は、「罰金は事実だ。しかし、彼のような若者にとっては罰金よりも重要なことがある」とコメントしている。

今回、自身の愚行によって多額の罰金を科されたアリだが、経済面での打撃よりも、多くの人たちに怒りや失望を与えたという事実を重く受け止めてほしいところだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/1(水) 20:43
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事