ここから本文です

【気になる2台、すでに勝者は確定?】ジャガーFタイプR vs ポルシェ911カレラ4S 後編

4/1(水) 10:20配信

AUTOCAR JAPAN

特別なエンジン

このクルマには有り余るパワーと重すぎる車重とともに、確かにそのパワーと車重をコントロールするには必要だが、少なくとも個人的には時に過剰と思えるほどのメカニカルグリップとトラクション、さらにはサイド剛性が備わっており、それが広範なスポーティーさに繋がっている。

【写真】まだ見慣れない? 新型ジャガーFタイプと旧型【新旧比較】 (68枚)

だが、サスペンションセッティングとリアアクスル配置が見直されたにしても、FタイプRが依然として無骨で不愛想なホットロッドであることに変わりはなく、このクルマのドライバーには十分な集中と慎重さが求められる。

対称的に911はより高いコミュニケーション能力を備え、ジャガーよりも正確で直観的な操作が可能であり、このクルマであれば速く走ることも簡単な一方、例えゆっくり走っていても特別なモデルに乗っていると感じさせてくれる。

だが、特別と言う意味ではジャガーの唸りを上げるエンジンもそうだ。

見事なエンジンでああり、思わずこのサウンドに見合ったドライビバリティーが備わっていればと思わずにはいられない。

FタイプRに積まれたこの素晴らしいV8に匹敵するサウンドを発するポルシェ製フラット6というものも存在するが(番外編1でご紹介するエンジンがまさにそうだ)、最新のツインターボは残念ながらそうではない。

ブリジェンド工場で創り出された5.0Lエンジンの真骨頂は、3500rpmから5000rpmにかけてフルスロットルで加速するときの見事な咆哮であり、そのあとに続くまるで花火が終わった時のようなパチパチというサウンドにある。

シャシーとステアリング

効率的なパワー伝達のためというよりも、単に無駄なシフトチェンジを避けるべくジャガーのギアボックスをマニュアルモードにしておくやり方を覚えなくとも、必要な加速に備えてつねに最適なギア選択を行っているのは、ポルシェのツインターボと8速デュアルクラッチオートマティックの組み合わせだということは直ぐに分かる。

一番美味しいポイントであれば素晴らしいパフォーマンスを見せるジャガーのエンジンだが、全域に渡ってより優れているのはポルシェの方だ。

そして同じことが2台のシャシーについても言える。

スムースな高速コーナーでは見事なしなやかさを見せるとともに、エンジンもその真価を発揮し、荷重を受けたリアアクスルの動きまで感知することが出来るジャガーのシャシーだが、荒れた路面で特にダイナミックモードを選択しているような場合、ダンパーの苦し気な様子が伝わって来る。

さらに、ステアリングフィールにはまるでゴムが挟まっている様な感覚が明らかであり、ゆったりとしたペースであればさほど気にならないかも知れないが、コーナーが連続するような場面では問題となるだろう。

一方、ポルシェのステアリングは素晴らしく、ミリ単位でのラインコントロールが可能であるかのように思えるだけでなく、ステアリング操作に伴ってフロントタイヤのサイドウォールに荷重が増えていく様子がまるで手に取るように伝わって来る。

1/4ページ

最終更新:4/1(水) 10:20
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事