ここから本文です

「雑誌SK」アーカイブ|カカ ミランに捧げた愛情

4/1(水) 7:30配信

SOCCER KING

[サッカーキング No.004(2019年7月号)掲載]

ミランから1億ポンドでマンチェスター・シティへ──。
フットボール史に残る衝撃的な移籍話は、結局のところ実現しなかった。
2009年1月、あのときカカに一体何があったのか。

インタビュー・文=フェリペ・ロシャ
翻訳=田島 大
写真=アフロ、ゲッティ イメージズ

 自宅でくつろいでいると、電話がかかってきた。相手は父親だった。父は不安と興奮が混ざったような口調で、「イングランドのマンチェスター・シティがお前を欲しがっている。1億ポンド(当時のレートで約146億円)のオファーだ!」と言ってきた。そしてミランがオファーを受け入れるつもりだとも言った。まさかシティが僕に興味を持っているなんて思ってもいなかった。彼らは一般的な交渉手段……つまり代理人を務める父に手回しするのではなく、ミランに「これでどうですか?」と尋ねてきた。クラブに直接話を持ち掛けたんだ。

 08-09シーズンはスクデット獲得を目標にしていた。前年にチャンピオンズリーグの出場権を逃した僕たちはリーグ戦に全力を注いだ。クラブは即戦力としてロナウジーニョやアンドリー・シェフチェンコを補強したよ。もちろん主力を売却するようなこともしなかった。「どうしても移籍したがっている選手だけを手放す」という方針だった。でもアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が父に言ったんだ。「初めてのケースになるが、我々はこの移籍話に乗り気だ。巨額のオファーを受け入れようと思う」って。それを聞いて、唖然とした。僕は移籍を希望していなかったんだから。

 昔から父は何でも話せる存在だった。僕らは一緒にイングランド行きを検討することにした。ミランが移籍を容認したのだから、自分たちも選択肢を探ろうと思った。でも、あまりにも唐突な話で困惑していた。心をかき乱された僕の生活はめちゃくちゃになっていった……。

 サン・シーロでのフィオレンティーナ戦は酷いもんだった。僕がどれほど悩んでいるかを象徴するような試合だった。移籍話のことで頭がいっぱいで、全く集中できなかった。あのときのサポーターの叫び声は今でも覚えている。「カカ、自分を売るな。カカ、自分を売るな」

 僕は自問自答を繰り返した。ワクワクするような新しい冒険に出るべきか、愛するクラブに残るべきか──。

 ガッリアーニと当時ミランのテクニカルディレクターだったレオナルドに心のうちを明かした。もちろん家族にも相談したよ。正しい精神状態で、正しい決断を下すためには、家族の支えが必要だった。当時の妻、カロリーネとは何度も、何日も話し合った。

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 7:30
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事