ここから本文です

福島交通、全線再開 郡山支社管内のバス7路線

4/2(木) 10:05配信

福島民報

 昨年十月の台風19号の影響で運休が続いていたJR郡山駅前発着の福島交通郡山支社管内の路線バス七路線が一日、再開した。約五カ月半ぶりの全線再開となった。

 同日運行を再開し、郡山駅前に到着したバスに、心待ちにしていた利用者が次々と乗り込んだ。

 管内の路線バスは郡山支社が浸水し、保有するバスの半数以上が被害を受け、全七十八路線が一時、運休となった。中古車両を整備し車両を確保したり、経路を変更したりするなどして順次解消してきた。

 郡山市の会社員中村英一さん(55)は通勤でバスを利用している。本数が限られていたため別の路線を使い、徒歩を組み合わせて対応していたという。「これからは待ち時間も短くなる。毎日使うので再開はうれしい」と喜んだ。

 一日に再開した路線は次の通り。

 西ノ内経由大槻、市役所経由静団地、池ノ台経由静団地、市役所経由新池下団地、方八町経由東部ニュータウン、方八町経由東部タウンまわり、カルチャーパーク

最終更新:4/2(木) 10:05
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事