ここから本文です

Zシリーズの頂点、スーパーチャージャー搭載の『Z H2』発売へ 189万2000円

4/2(木) 12:15配信

レスポンス

カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載するZシリーズのフラッグシップモデル『Z H2』を4月4日に発売する。

関連画像を見る

Z H2は、最大出力200psを発生する水冷DOHC 4バルブ並列4気筒998ccのバランス型スーパーチャージドエンジンを新設計のトレリスフレームに搭載する。ハイパフォーマンスを安定して発揮するとともに、新設計フレームにより、低中速走行時の優れた操縦性と高速域走行時の安定性も実現。操縦性と快適性を両立するアップライトなライディングポジションとなっている。

足回りは、衝撃吸収性や減衰特性に優れ路面状況をつかみやすいSHOWA製SFF-BPフロントフォークとリヤサスペンションを装備。ブレンボ社製フロントブレーキキャリパー(M4.32)により、ハイパワーに対応する強力な制動力と優れたコントロール性を発揮する。

外観は、スーパーネイキッドらしい野生味を視覚化したSUGOMIデザインを採用。スーパーチャージドエンジンの搭載を象徴するエアインテークが目を引く。灯火類はすべてLED化。さまざまな車両情報を表示するフルカラーTFT液晶スクリーンを搭載したインストゥルメントパネルを備える。

先進装備も満載。KTRC(カワサキトラクションコントロール)とパワーモードを組み合わせたインテグレーテッドライディングモードをはじめ、トラクションとブレーキングの情報を統合管理するKCMF(カワサキコーナリングマネージメントファンクション)、発進時の効率的な加速をアシストするKLCM(カワサキローンチコントロールモード)、KQS(カワサキクイックシフター)、車体姿勢を検知してKIBSやKTRCへ情報をフィードバックするボッシュ社製IMU(慣性計測装置)を装備。このほか、KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)やエレクトロニッククルーズコントロール、スマートフォン接続機能などを備える。

カラーはメタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレーのみ。価格は189万2000円でカワサキプラザネットワークのみでの販売となる。

レスポンス 纐纈敏也@DAYS

最終更新:4/2(木) 12:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事