ここから本文です

“白猫がなめるとケガが治った” 優しい白猫さんの不思議な力を描いた漫画

4/2(木) 22:05配信

ねとらぼ

 不思議な能力を持つ白猫の漫画がTwitterに投稿され、「愛に泣ける」「すてきな話」などの感想が寄せられています。作者は漫画家の石原 苑子さん。

【画像:漫画を読む】

 石原 苑子さんが小学生の時に、お母さんがもらってきた3匹の成猫。その内の1匹が、最年長の小雪さんでした。白い毛並みに、金色と空色のオッドアイが美しかったといいます。

 人間の言葉に返事をするなどかしこかった小雪さんは、とても不思議な力を持つ猫でもありました。ある日、お母さんが仕事で足の関節を痛めて帰宅。すると小雪さんはお母さんに寄り添い、痛めた足をなめはじめたんだそうです。

 小雪さんが満足するまでなめると、なぜかお母さんの関節痛は治っていました。次の日、ケガもないのに足を引きずっている小雪さん。お母さんの痛いところを引き受けてくれたのでしょうか……。「そういうことはせんでええんよ」と小雪さんに言い聞かせていたお母さんですが、小雪さんは同様のことを繰り返したそうです。

 小雪さん、お母さんが痛がるところをなめ終わると、満足そうに自分の前足の指を吸いながら眠りについていたとのこと。今は天国にいる小雪さんの、不思議な力はなんだったのか……。ミステリアスながらも、お母さんを思う小雪さんにほっこりするエピソードでした。

 漫画には、「私も猫と暮らしていますが、不思議なことがたくさんあります」「動物が身代わりになってくれる話、他にも聞いたことがあります」「小雪さんの愛に泣けました」などの感想が寄せられています。

 石原 苑子さんは漫画「祖母から聞いた不思議な話(1部~3部)」をTwitterにて不定期更新中。白泉社が隔月発行している電子雑誌「ホラーシルキー Vol.2」にて、「石原苑子のふしぎなはなし」を連載中です。


画像提供:石原 苑子(@wanisankowai)さん

ねとらぼ

最終更新:4/3(金) 13:39
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事