ここから本文です

アニメ『キャプテン』放送40周年、特設ページがオープン 最新情報を発信へ

4/2(木) 19:30配信

オリコン

 『サザエさん』などで知られるアニメ制作会社・エイケンが制作した、テレビアニメ『キャプテン』が2日、1980年の初回放送から40周年を迎えた。それを記念してスペシャル版が放送された午後7時30分に特設ページがオープンした。今後、最新情報が発表されていく。

【画像】サザエさん、ぼのぼの…エイケンが制作したアニメ

 同作は、ちばあきおさんの大ヒット野球漫画『キャプテン』が原作。墨谷二中の野球部に入部してきた野球名門校からの転校生・谷口タカオが主人公で、前の中学では二軍で補欠だったがキャプテンに指名され、周囲の期待に応えるべく、努力とあきらめない姿勢でチームをけん引していくストーリー。連載当時主流であった、魔球などの非現実的な技を活用する熱血野球漫画と違い、普通の少年たちが、仲間と一緒に努力しながら成長していく過程を描き、新たなスポーツ漫画のスタイルを確立して人気を博した。

 『別冊少年ジャンプ』(※1974年に『月刊少年ジャンプ』に改題)で72年から79年まで連載され、80・83年にテレビアニメ化、2007年に実写映画化。プロ野球界にも影響を与えており、ファンの中には元阪神タイガースの新庄剛志、イチローもオリックス入団の際にアニメ版VHSビデオ全巻を寮に持ち込んでいた。

 そんな名作を生み出したちばあきおさんは、『あしたのジョー』などで知られるちばてつや氏の弟。兄のもとでアシスタントをする中、67年に漫画家デビューしたが、84年に41歳の若さで惜しまれつつこの世を去っている。

 アニメの主なキャストは、谷口タカオ役を和栗正明、丸井役を熊谷誠二、イガラシ役を木村陽司、近藤茂役を中尾隆聖が担当した。

最終更新:4/2(木) 19:30
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事