ここから本文です

国内の新型コロナ感染者「3分の1が外国籍」は誤り。グラフが拡散、厚労省の見解は

4/2(木) 11:43配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、インターネット上で「国内の感染者のうち3分の1が外国籍」「半数が外国人」などとする情報が拡散している。厚生労働省のデータを引いたグラフも複数パターン広がっているが、これは「誤り」だ。BuzzFeed Newsはファクトチェックを実施した。【BuzzFeed Japan / 籏智 広太】

グラフだけではなく、「外国籍が3分の1」「日本国籍者の半数」などという指摘や同様のデータは、表や数値としても拡散。

「ここはどこの国なのでしょうか...」「TV報道されないコロナ感染不都合な真実」などというコメントともに広がっている。

なかには1万リツイートを超えるようなものも存在しており、外国人に対する憎悪や排除をあおるような書き込みもみられる。

また、まとめサイトやブログにも転載されている。たとえば、「アノニマスポスト」は「<#テレビが絶対に報道しないニュース>」などとしてグラフを引用。

以下のような見出しの記事は、8500以上リツイートされている。

《3月30日現在、厚労省発表の国内の感染者数1,866人のうち、日本国籍者は1,060人と判明~ネットの反応「純粋に日本人だけなら感染率は今よりもっと低いのか」「日本の病院が外国籍に占領されてしまうとは…」》

「ほとんどが日本人ではないか」

こうしたデータは、誤りだ。

拡散している情報はどれも、出典を厚生労働省のサイトとしていることが特徴だ。しかし、厚労省は外国籍の人数を公表しているわけではない。

厚労省のサイトでは陽性者のうち「日本国籍者のもの」を公表しているが、そこから「海外移入が疑われる事例」(帰国者など)を引いたものが「外国籍」であるとして、こうしたデータが導かれているとみられる。

BuzzFeed Newsが厚生労働省結核感染症課に問い合わせたところ、担当者は「陽性者の外国籍が3分の1、半数といった事実はありません」と述べた。

「日本国籍者のもの」としている数値はあくまで「はっきりと確認できた」ものに限っており、「国籍を確認中の方が大半で、必ずしも外国籍というわけではありません」と指摘。こうも言及した。

「このタイミングで外国人観光客が増えていることは考えづらく、感染拡大の状況から考えても、確認中の方のほとんどが日本人であると推測されます」

そもそも厚労省がまとめているデータは、都道府県や政令指定都市が発表したリリースに基づくものだ。

国籍については必須ではなく、感染者が増えている自治体では記載がない場合もある。そうした場合は「日本国籍のもの」に計上されないのだという。

「指定感染症のため、経過がわかる最低限の情報が必要となります。年齢についてもおおまかのもの、国籍だけではなく性別が載っていないケースもあります。こうしたデータは、あとから確認できた場合に計上しています」

国籍は「感染経路を突き止める上でも役立つ情報でもある」としたが、「外国籍が多い」という点についての問い合わせが国会議員などからも寄せられていることから「データの出し方についても検討が必要」との見解を示した。

1/2ページ

最終更新:4/2(木) 12:32
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事