ここから本文です

【チャクリキ】初代K-1王者ブランコ・シカティック追悼大会を配信限定で開催、天田ヒロミや青木真也出場

4/2(木) 14:21配信

ゴング格闘技

 ドージョー・チャクリキ・ジャパンは3月22日(日)に亡くなった初代K-1ヘビー級世界王者ブランコ・シカティック(クロアチア)の追悼大会を開催することを発表した。

【写真】ホーストと決勝戦を争ったシカティック

 これは「COVID-19のパンデミックの影響から、日本からはチャクリキ関係者、またはファンの誰もがブランコ氏の葬儀に行く事も、墓前に花を手向ける事も出来ません。そこでドージョーチャクリキ・ジャパンではブランコ氏のご遺族やオランダのトム・ハーリック会長と相談」(プレスリリース)したうえで、開催の運びとなったもの。

 追悼大会『CHAKURIKI 6 ~Branko Cikatic Memorial~」は5月17日(日)にインターネットでの配信限定で行われる。

 メインイベントではK-1ヘビー級で活躍した天田ヒロミがDream Gateヘビー級王者・入田和樹と対戦するヘビー級キックマッチ、セミファイナルではプロレスラーの将軍岡本がキックボクシングルールに初挑戦して天承山と対戦する。また、青木真也やロッキー川村、藤原喜明がプロレスの試合で参加。ドージョー・チャクリキ・ジャパンの代表であるノブ ハヤシは西島洋介とミックスルール(1Rはボクシングルール、2Rはキックルール)で特別試合を行う。また、シカティック追悼の10カウントゴングも行う。

 今大会は「ドージョーチャクリキ・ジャパンでは我々の家族であったブランコ・シカティック氏に対し、可能な限りの弔意を捧げたいと考えており、それに同意してくれた選手たちが出場致します。K-1で活躍したブランコ氏に敬意を表し、ヘビー級のカードを多く組みました」とのこと。

最終更新:4/2(木) 14:21
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事