ここから本文です

北朝鮮、新型コロナウイルス感染者はいまだ「ゼロ」と主張

4/2(木) 20:06配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【4月2日 AFP】北朝鮮の保健当局幹部は、自国の新型コロナウイルス感染者はいまだに「ゼロ」だと主張している。一方、全世界での感染者数は100万人に近づいており、諸外国の間では北朝鮮の主張に懐疑的な見方が広がっている。

 すでに国際社会から孤立している核保有国の北朝鮮は、隣国の中国で新型コロナウイルスが初めて検出された直後の1月に国境を封鎖。厳格な封じ込め措置を導入した。

 感染症対策当局のトップ、パク・ミョンス(Pak Myong Su)氏は、感染症対策が十分に奏功していると主張し、「わが国ではこれまでのところ、誰一人として新型コロナウイルスに感染していない」とAFPに述べた。

 同氏は「わが国への入国者全員の検査と隔離を行い、あらゆる物品を徹底的に消毒する他、国境などを封鎖し、海路と空路も封鎖するなど、先制的かつ科学的な措置を講じた」と説明した。

 専門家らは北朝鮮の医療体制は脆弱(ぜいじゃく)で、感染症流行の打撃を非常に受けやすいと指摘している。また脱北者らは、北朝鮮政府が感染の流行を隠していると非難している。

 在韓米軍のロバート・エイブラムス(Robert Abrams)司令官は先月、北朝鮮に感染者がいることは「ほぼ確実」だと発言。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領も、北朝鮮で「何かが起こっている」と述べ、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-un)朝鮮労働党委員長に送った書簡で「感染症対策での協力」を提供する意向を表明した。

 映像は平壌にある病院の廊下を消毒する保健当局者や、病院の待合室で新型コロナウイルスの情報について知らせる医師ら。1日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:4/2(木) 20:06
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事