ここから本文です

大阪・吉村知事「GWに海外へ行くのは絶対にやめてもらいたい」クラブ利用も引き続き自粛呼びかけ

4/2(木) 20:50配信

THE PAGE

大阪・吉村知事「GWに海外へ行くのは絶対にやめてもらいたい」

 大阪府の吉村洋文知事は2日午後、大阪府庁で行われた新型コロナウイルスの対策本部会議後の囲み会見で「ゴールデンウイークに海外へ行くのは絶対にやめてもらいたいと思います。帰省も必要でないものは、全国に広めないためにも控えてほしい」と呼びかけた。また、夜間から早朝にかけて営業するナイトクラブやバーなど接客を伴う飲食店の利用についても、引き続き自粛を呼びかけた。

【中継録画】冠婚葬祭について「感染拡大を防ぐ観点で判断していただきたい」と話す吉村知事

帰省についても「全国に広めないためにも大阪にとどまって」

 会見で吉村知事は、報道陣からの「府民のゴールデンウイークの過ごし方については」という質問に「海外に行くのは絶対にやめてもらいたいと思います」と即答した。

 その理由としては「今回の感染拡大の第二波について、どう考えても入国禁止措置によって、多くの人が帰国したことによるものと思っている」としている。

冠婚葬祭も感染拡大を防ぐ観点で判断していただきたい

 また、ゴールデンウイーク中の帰省についても、その時の感染状況はわからないと前置きした上で「感染が広がっていないところに帰省するというのも、必ずしも必要でないものは控え、大阪にとどまってもらいたいと思います。全国に広めないためにも」と話した。

 現在、東京を中心とした関東圏でも数が増えていることや「今は東京を中心とした関東圏でも数が増えており、首都圏、阪神間といったところでも拡大しつつあると思うので、全国に広めないためには規制などについても控えてもらいたい」と府民に訴えた。

 冠婚葬祭についても「結婚式については、延期されている方も多いとおもいますし、みんなでお祝いしようというのが結婚式だと思うので、そういった意味ではできれば延期をしてほしい。お葬式でも狭い空間に集まるため、感染拡大を防ぐという観点で判断していただきたい」とも呼びかけた。

改めてナイトクラブやバーの利用について自粛を呼びかけ

 吉村知事は、1日に行われた会見で、大阪市北区のナイトクラブやショーパブで、クラスターが発生している可能性を発表。2日も会見の中で、引き続き夜の飲食を伴う接待の場、夜間から早朝にかけて営業を行うナイトクラブ、バーなどの利用について、新型コロナウイルスの感染が拡大傾向にあるため「当面の間、利用自粛を呼びかける」と述べた。

 このことについて吉村知事は「いま陽性者が増えている状況なので、期間をいつからいつまでは設定するのは難しいですが、しばらくはお願いしたい」と話していた。

 また、今週末の自粛要請については「今日の陽性者の数と傾向を踏まえたうえで、あす判断したい」と述べた。

最終更新:4/10(金) 14:30
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事