ここから本文です

今年の対北朝鮮支援 韓国は573万ドル=世界1位

4/2(木) 14:01配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は2日、今年の対北朝鮮支援として約573万ドル(約6億1600万円)の寄付を約束したと明らかにした。

 

 統一部は昨年12月に世界保健機関(WHO)の北朝鮮母子保健分野の医療支援事業に500万ドルを支援することを議決した。昨年末にまず100万ドルを送金し、今年400万ドルが残っている。

 また、北朝鮮赤十字社による台風13号の復興関連など三つの事業にも大韓赤十字社を通じて約173万ドルを支援することを約束した。

 国連人道問題調整事務所(OCHA)が1日にホームページで公開した資料でも、韓国の今年の対北朝鮮支援金は計572万6914ドルと集計された。

 これは今年予定されている国際社会の対北朝鮮支援金の総額である943万4425ドルの60%を占め、世界各国が約束した対北朝鮮支援金のうち最も多い。

 スイスが約213万ドル、ドイツが67万ドルなどで韓国に続き、国連中央緊急対応基金(CERF)も新型コロナウイルス対応の支援に90万ドルを投入する計画だ。

 OCHAが集計した今年の対北朝鮮支援金の総額の51.9%に当たる490万ドルは、WHOに割り当てられる予定だ。

 分野別では、保健分野に支援金全体の半分近い約470万ドルが投入され、新型コロナウイルス対応にも90万ドルが割り当てられる。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:4/2(木) 17:44
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事