ここから本文です

脳腫瘍からカムバックも昨季現役引退の横山知伸が札幌アカデミーのスタッフ入り

4/2(木) 18:33配信

超WORLDサッカー!

北海道コンサドーレ札幌は2日、アカデミーグループの新スタッフを発表。昨シーズン限りで現役を引退した横山知伸がアカデミーフィジカルコーチに就任した。

横山は、東京都出身で、帝京高校、早稲田大学を経て2008年に川崎フロンターレへ入団。証券会社への内定が決定しながらも、プロ入りを選択した。

川崎Fでは4シーズンを過ごし、主にボランチでプレー。2012年からはセレッソ大阪、2014年からは大宮アルディージャでプレー。2017年に札幌へ加入し、2シーズンを過ごした。

2018年末に体調不良で入院すると脳腫瘍と診断。その後懸命なリハビリを経て、2019年9月にFC岐阜へと加入。しかし、公式戦に出場することはなく、そのまま現役を引退していた。

また、横山以外にも、旭川U-15コーチとして山下泰明氏が就任。山下氏は北海道出身で、札幌の下部組織で育ち、金沢星稜大学から2016年にファジアーノ岡山へ入団。そのままファジアーノ岡山ネクストで選手登録さたが1年で引退していた。引退後の2017年からは石川県のセブンサッカースクールで指導を行っていた。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/2(木) 18:33
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事