ここから本文です

F1イギリスGPを開催するシルバーストン、グランプリ開催可否を4月末までに決断

4/2(木) 14:05配信

オートスポーツweb

 イギリスのシルバーストン・サーキットは、2020年シーズンの第12戦に予定されているイギリスGPの開催可否の決定を、4月末までに行うという厳しい期限を設けた。

【写真】2019年F1第10戦イギリスGP:決勝レースでフェルスタッペンとベッテルが接触

 世界的な新型コロナウイルスの危機により、これまでのところF1は2020年シーズンの初めの8戦を中止または延期せざるを得なくなっている。また東京オリンピックやテニスのウィンブルドン選手権といったスポーツイベントが続々と来年の夏まで延期されており、7月以降にモータースポーツが通常のスケジュールを再開できる可能性は日に日に低くなっている。

 イギリスGPの主催者は、通常ならば7月17~19日に行われるレースを開催するかどうかの運命を決定する厳密な期限を設けた。

「シルバーストンとF1は、現在の状況について引き続き緊密な話し合いを続けている。7月17~19日のイギリスGP開催の実行可能性についても協議中である」と水曜日に主催者は声明で述べた。

「我々は、F1の他にイギリスで7月に行われるスポーツイベントについての決定がすでに行われていることを十分認識している。しかし重要なのは、彼らのロジスティクスや競技の手配はシルバーストンのものとは異なるということだ。したがって我々は、最終決定の期限を4月末にすることにした」

「ファン、同僚、F1に関わる人々の安全が我々にとって最優先であり、これからも当局との適切な連携を続けていく」

 F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは先週、F1は“夏のいずれかの時点”でシーズンを開始できると自信を見せた。ただ、カレンダーは15戦から18戦ほどに縮小する可能性が高い。

 第9戦カナダGPは今も6月12~14日の開催が予定されたままだが、レース開催は危ういのではないかと考えられている。カナダGPの後には、第10戦フランスGPと第11戦オーストリアGPが控えている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/2(木) 14:06
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事